豊かな自然につつまれた国

日本の約20倍の国土をもつオーストラリア。その魅力はなんといっても自然に恵まれていることです。国全体が豊かな自然につつまれ、全国に数多くの公園があります。気候も熱帯性(北端部)から、温暖な気候(中西部・東部沿岸)、冷涼な気候(南岸とタスマニア)までバラエティー豊かで、市場には四季の果物や野菜が陳列されています。


ポート・キャンベル国立公園の奇岩

美しい滝も各地に見られる

カンガルーの群れ


オーストラリアと日本との時差はわずか1時間(メルボルンは日本より1時間進んでいます)ですが、季節は正反対(日本が冬のとき夏を迎える)。水着のサンタクロースが波のうえでサーフィンしているポスターなどは南半球ならではのもの。また、日本では、太陽は東→南→西へと動きますが、オーストラリアでは東→北→西へと動く面白さもあります。
オーストラリアのシンボル、コアラ



おおらかでフレンドリーな“オージー”たち

固有のアボリジニ(先住民)文化、初期のヨーロッパ移民と、その後世界約140か国からの移民によって形成された多民族・多文化国家であるオーストラリア。だから“オージー”(オーストラリア人の愛称)たちは、おおらかで、あらゆる国の人たちにフレンドリーな気質をもっています。街を歩いていると親しみを込めて話しかけられ、質問にも気軽に答えてくれます。ホームステイ生活の中でも、そうした体験をもつことができるに違いありません。

全豪オープン観戦の人々

フェスティバルでの仮装

通りのカフェも陽気な雰囲気