オーストラリア留学の魅力


留学生受け入れのための法律を制定

英語圏の中で、オーストラリアは、アメリカ、イギリスに次いで3番目に人気の高い留学先です。日本からの留学生も、増加中で、現在、毎年1万人以上の学生が留学、ワーキングホリデーや観光ビザで就学した学生数を加えると5万人を超えているといわれています。

ハイスクール
政府自身が留学生の受け入れに積極的で、そのために「留学生のための教育サービス法」(Education Services for Overseas Students Act)。 留学生に適切な教育を提供することを保証するための国家法)を制定しており、また留学生を受け入れるすべての教育機関は政府に登録しなければならないという義務(CRICOS制度)を課しています。

グランドは芝生
時差がない
メルボルンと東京の時差は1時間。そのまま行っても時差ぼけすることなく、すぐ翌日から日常生活を始められます。ホームステイで学校に通う場合、事前の調整が要らない、ということは大きな魅力のひとつです。

日本人学生の登下校